飲料製品のカロリーに関する強調表示について

ヘッダーイメージ

近頃は健康志向の高まりからか『カロリーを抑えています!』ということをアピールした清涼飲料水やアルコール飲料が数多く販売されていますが、製品によって「カロリーオフ」や「ノンカロリー」、はたまた「カロリーゼロ」などといったように表示はさまざまです。

で、これらの表記の違いによって、「具体的な意味合いも異なってくるの?」といった疑問を生じる人も居られると思いますが、結論から言いますと異なります。

飲料製品のカロリーに関する強調表示

缶ジュースのカロリー日本では特定の栄養成分について『含んでいない』『少ない』といったニュアンスの強調表示をする場合は、「栄養表示基準制度」で定められている基準量よりも下回っていなければ表示できないように決められています。

飲料製品のカロリーに関する強調表示については、下記のような基準になっています。

・100mlあたり5kcal未満の飲料製品
【ノンカロリー】【カロリーゼロ】【ゼロカロリー】などと表示してもよい。

飲料製品のカロリーに関する強調表示については、下記のような基準になっています。

・100mlあたり20kcal未満の飲料製品
【カロリーオフ】【ローカロリー】【低カロリー】【カロリーひかえめ】などと表示してもよい。

ということで、カロリーのことをより気にされているのであれば、「カロリーオフ」の飲料よりも「ノンカロリー」や「カロリーゼロ」の製品を選んだ方が良いということになります。

「カロリーゼロ」でも0カロリーでないこともアリ?

上記で述べたカロリーに関する強調表示をする場合の基準をご覧になって、「アレッ?カロリーゼロと謳われていても、カロリーが含まれている製品もあるの?」と思った人も居られるのではないでしょうか?

実際のところその通りでして、100mlあたり5kcal未満であれば「ノンカロリー」や「カロリーゼロ」という表示にて販売されている製品もあるわけで、カロリーが全く含まれていないということではないのです。

例えば、100mlあたりに4kcalのカロリーが含有されている清涼飲料水であっても、「ノンカロリー」や「カロリーゼロ」という表示をしても許可されているワケでして、500mlのペットボトルであれば実際には20kcalのカロリーが含まれていることになるワケです。



認知症と中年期の運動の関係性

中年期の運動能力がそれ以降の年を取ってからの脳の萎縮に関係しているという調査結果をアメリカ・ボストン大学などの研究チームが発表しています。

平均年齢40歳の約1500人にランニングマシンを使ったテストを実施し、20年後に再度運動テストを行ない脳の状態を調べたところ、運動成績が低かった人は脳が萎縮しているケースが多かったとのこと。

また、認知症を予防・改善するために運動が効果的であることは過去の研究でも指摘されており、脳の中で認知機能を司る「海馬」にある神経幹細胞は、高齢であっても運動をする事により活性化して脳の細胞が増えることが明らかになっています。

Yahoo!ニュースより参照抜粋