軟水と硬水は硬度によって分類される

ヘッダーイメージ

ミネラルウォーターなど飲料水でよく【軟水】や【硬水】といったことを見聞きすることがあると思いますが、この軟水と硬水の違いをご存知でしょうか?

飲料水に限らず生活用水も含めて、水の分類の一つとして軟水と硬水というものに分けられるのですが、

その基準となるのが、水1リットル中に含まれている「カルシウムイオン」と「マグネシウムイオン」の量を表す【硬度】と呼ばれるもので、この硬度が低い水を【軟水】、高い水を【硬水】というように分類しているわけです。

硬度による分類基準

給水わかりやすく簡単に述べると、

【軟水】カルシウムとマグネシウムの含有量が比較的に少ない水
【硬水】カルシウムとマグネシウムの含有量が比較的に多い水

ということになるのですが、具体的な硬度による分類基準というのは、国の違いなどによって変わってくるようです。

・日本での一般的な分類

区分 硬度
軟水 100mg/L未満
硬水 100mg/L以上

なお、硬水の中でも硬度が100mg/L以上から300mg/L未満の水については【中硬水】とも呼ばれています。

・WHO(世界保健機関)での定義

区分 硬度
軟水 60mg/L未満
中程度の硬水 60mg/L〜120mg/L
硬水 120mg/L〜180mg/L
非常な硬水 180mg/L以上

ちなみに、日本の水は沖縄の一部の地域などを除けば通常、ほとんどが硬度が100mg/L未満という軟水であるのに対し、ヨーロッパの水は硬度が高い傾向にあるといわれています。

硬水と軟水の特徴による違い

硬水と軟水を分類する上での定義というものを述べてきましたが、ここではそれぞれの特徴による違いを簡単に掲載しておきます。

【軟水】
・口当たりが柔らかく、さっぱりしていている
・緑茶を入れる際に色や風味が出やすい
・旨み成分を引き出しやすいなど、煮炊きの多い日本料理に適している
・石けんや洗剤が泡立ちやすい

【硬水】
・のどごしが硬いが、しっかりした飲みごたえを感じる
・緑茶を入れる際に色や風味が出にくい
・肉を煮るときなどにアクが出やすいですが、和風料理にはあまり適さない
・石けんや洗剤が泡立ちにくい


[an error occurred while processing this directive]